Entries

スポンサーサイト

そして路上復帰!

悲劇的な幕切れの翌週末。エンジンも載った。キャブも付けた。変速ワイヤもそれっぽく付けた…ちなみにエンジン不動の原因ですが。大雨による点火コイル端子水没(泣呆気無くエンジン掛かりました。懸念事項だった自賠責にも入り…オドメーターは多分実走の65km(押してるうちに1km進んだ。それだけではないけど)。およそ30年ぶりの慣らし運転スタート!です行き先は日野の恩人のお屋敷です。とりあえずの不安材料は工場で装着され...

ボクの真っ赤な赤い偉士牌!

床板ついて形は元通りなんすが。鉄なのでサビないように色塗らないとならないのだった。大問題である。金欠で溶接ワイヤーが買えないぐらいなのだ。しかもこの後自賠責の払いがあるときた。下塗りは「ジンクリッチ塗料」を調達済みだったので良しとして、同じ色を塗るのも・・・と言うのはこのベスパの元色。くすんでて「赤」というより「レンガ色」なのでなんとかしたかったのだ。さて最近。家庭用ウレタン塗料なるものが売ってる...

板金無間地獄

お前の文章は長いんだよ!ッて言われそう(泣トンネルが治ったら床板付けて「アレ」を付けて。床板も再利用する予定で何も考えずに切りまして…一度スポット外すと再利用困難なのねアレ何やっても歪みは取れない(お灸据えたくてもバーナーが無くて)結構錆びてて泣いてたら徳(ステージ)の高い紳士の人が現れてベトナム床をプレゼントしてくれることに!一気に作業が進んだ。ありがたい。一体誰を何人殺れば良いのだろう?同志!...

台湾偉士牌とは何ぞや?

さて。ここの読者の方でも懐かしの「台湾ベスパ」とはなんだかわかんない人もいるかもなので解説しますよ?ご存知ベスパはイタリアのヒコーキ会社「ピアジオ」が戦後に出したスクータですね。ここまでは皆知ってる。日本でも中島飛行機(富士産業→富士重工)が「ラビット」。三菱重工(名古屋)が「シルバーピジョン」作ったのと経緯は似てる。イタリヤは開戦時には枢軸側、終戦時にはなぜか戦勝国側に居て「今度はイタリア抜きで...

台湾ベスパを泣きながら板金するの巻。

ボディが予想以上に腐ってた台湾号。そのまま乗ろうかとも思ったんですが…モノコックが切れてる飛行機乗りたい?ってきいたら皆引くよね?飛行機じゃないけど。つうわけで修理です。この時点で2月末。税金払えない状態だったので登録を4月以降にしようと。じゃあ直すか!って解体開始。初めてのベスパ。流石に乗る前に全バラは戻せるか不安だったので、ちょっとづつやろうと。その時の写真がこちら。エンジン降ろして床板剥いでフ...

台湾ベスパがやってきた!

うちにベスパがやってきた。今度は共産圏じゃない!西側の外車は初めてだよ!中華民国台湾省製造ですけどね。去年の今頃にツイッターでベスパ欲しいけどどうせ「純白のBOLGAもプール付きのダーチャもベスパも欲しいものは全て ブラウン管の中」とかつぶやいてたら。日野の偉大な旧車コミンテルンの首領様M氏が「どうしても欲しいというなら知り合いに聞いてみてあげよう!」と。…紆余曲折。今年2月に愛知県まで貰いに行きました。...

Appendix

プロフィール

chanch

Author:chanch
珍車虎の穴。金森レーニン修理工場へようこそ!
ブラック企業辞めました。求職中のコピー機サービスマンです。(就職先斡旋は歓迎します!)

変態バイクを弄ってます!CG125、ラビット90ハイスーパー、改造グランドアクシス100、JAWA215モペッド、、、

最近の記事

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ妖精 ココロ

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。